RSS

Macでgit環境を構築

14 10月

mercurialで頑張っていましたが、いよいよ下火になってきた気がしたのでgitに移行してみました。

構築がすごくめんどくさかったのでメモ。

mercurial楽だったんだけどなぁ。

サーバもクライアントもMacです。

macportsをフル活用します。

サーバ

git-coreをインストール。

# sudo port install git-core +gitweb

Apache2がインストール済みという想定で書きます。

また、mod_davもインストール済みとします。

  • /usr/local/apache2/conf/httpd.conf

LoadModule dav_module modules/mod_dav.so

で、mod_davが有効になっているか確認。

git用のApache設定。

httpdに設定するか、conf.dなどに設定するかは各環境で。

  • httpd-git.conf

Alias /git/ /var/local/www/git/

<Location “/git/”>

Dav on

Order deny,allow

Allow from all

AuthType Basic

AuthName “git”

AuthUserFile “/usr/local/apache2/conf/git.passwd”

Require valid-user

</Location>

Alias /gitweb /var/local/www/cgi-bin/gitweb

<Directory “/var/local/www/cgi-bin/gitweb” >

AddHandler cgi-script .cgi

Options Indexes MultiViews ExecCGI

AuthType Basic

AuthName “git”

AuthUserFile “/usr/local/apache2/conf/git.passwd”

Require valid-user

</Directory>

gitwebを上で指定したディレクトリにコピーします。

# cp -pr /opt/local/share/git-core/gitweb /var/local/www/cgi-bin/

これで、Apacheを再起動してみてエラーが出なければOK。

サーバに空っぽのリポジトリを作っておきます。

# cd /var/local/www

# mkdir git

# cd git

# git –bare init

クライアント

curlをsslオプション付きでインストールします。

これは、httpsでPushできるようにするため。

# sudo port -d install curl +ssl

次に、git-coreをインストールしますが、git-coreのProfileに細工が必要です。

  • /opt/local/var/macports/sources/rsync.macports.org/release/ports/devel/git-core/Portfile

patchfiles patch-Makefile.diff patch-http.h.diff

patchfiles patch-Makefile.diff

この修正をしたら、

sudo port install -d git-core +svn

Basic認証のユーザアカウント設定。

  • ~/.netrc

machine http://www.example.com login neko password nya

パーミッションを忘れずに変えましょう。

# chmod 600 ~/.netrc

これで環境構築はOK。

使い方はまだよく理解できていません。

  • ローカルリポジトリを初期化

# git init

  • ファイルの追加とコミット

# git add somefile

# git commit -m “description”

  • リモートリポジトリからのクローン

# git clone http://www.example.com/git/

  • リモートリポジトリの追加(あまり使わない)

# git remote add origin http://www.example.com/git/

  • リモートリポジトリへのPush

# git push

  • リポートリポジトリからのPull

# git pull

  • ブランチの作成

# git branch somebranch

  • タグの作成

# git tag sometag

  • ブランチとHEADのマージ

# git merge somebranch

とりあえずこれぐらいから始めれば徐々に使いこなせそう。

SVKとさほど差はないので困ることはなさそうだが。

やっぱりmercurialじゃなくて、gitが流行る理由がわからないなぁ。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2008/10/14 投稿先 Uncategorized

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。