RSS

2009年の10枚

31 12月

こちらも恒例の今年のアルバム10枚。

今年は110枚ぐらい。

最近は好きなゲーム、アニメ系CDをレンタル屋が扱うようになったので、買ったのはほんの十数枚ぐらい。

数年前じゃ考えられなかったけど、まぁ流行なんてそんなもんでしょう。

それでは10位から。

10位 (古代祐三) 7th DRAGON ORIGINAL SOUNDTRACK

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/vgcd-0160.jpg

かなりストレートなRPGらしい曲が多くて、その辺がノスタルジー感じる。

ソーサリアンとかその辺の時代の古代さんっぽい。

例によって昔の音源使ったアレンジも入っていておっさんホイホイ。

ていうか、アレンジの方が明らかに手かかってそうなんだけど。

9位 (U) ULTRA☆U2

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/imae-00029.jpg

久々のアルバムかな。

ずば抜けて印象に残る曲はなかったけど、全体的に良い曲が多かった。

電波よりシリアス曲が結構粒揃いだったな。

8位 (羽毛田丈史) 青い花 オリジナルサウンドトラック Sweet

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/lasa-5009.jpg

全体的にアコースティックで、いかにもお嬢様学校が舞台の曲たち。

コミカルな曲も結構あってその辺のアレンジがすごいうまい。

シンプルだけどアレンジしだいでいい曲に出来るんだなぁ。

7位 (Choro Club Feat. Senoo) ARIA The BOX

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/vtcl-60114.jpg

これまでのCDに収録されている曲がほとんどだけど、やっぱりアルバムとしての完成度は高い。

もはや耳に残っているので、新しさはないけど安心して聴ける。

6位 (Q;indivi) Celebration

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/qsp-0001.jpg

誰もが聴いたことがある結婚式おなじみの曲たち。

Q;indiviらしいアレンジでラウンジ曲に変身。

めちゃくちゃカッコいい。

Wedding Marchとか、こんなカッコイイ曲やったか、と驚き。

アレンジの妙。

5位 (Ceui) Glassy Heaven

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/laca-5934.jpg

Ceuiの歌声は本当にきれいだ。

曲もそれに合わせて自然に作られている。

mellow melodyとかすごくいい。

無理がないってもの作品性を高めるのに重要なんだなぁ、と思わせる作品でした。

4位 (MOSAIC.WAV) Heartsnative

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/pccg-900361.jpg

ミク+MOSAIC.WAV。

これはうまい。

電気の恋人とかすごいミクにあってる。

ミクの楽器らしい歌声をうまいこと使ってる作品ですね。

3位 (堀江由衣) HONEY JET!!

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/kics-91478.jpg

全体的に明るい曲で構成されていていかにもほっさんらしい。

なんかかわいい声っていうので押すんじゃなくて、元気さとか雰囲気とかキャラクタをちゃんと表現してるのがいい。

声優アーチストでは地味になるのかもしれないけど、これでいいと思うなぁ。

2位 (菅野よう子) SEATBELTS SPACE BIO CHARGE

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/vtcl-601411.jpg

伝説になったと思われるSEATBELTSのライブに合わせて発売された菅野よう子ベストとも言えるアルバム。

こうして一気に聴かされるとさすがに盛りあがる。

あのライブの熱狂も思い出されてテンション上がります。

ライブでも思ったけど、菅野よう子は作曲家だけじゃなくて、パフォーマでもあるからちょっと他とは違う、人を魅せるコツを分かっているんだろうな。

これは是非聴くべき。

1位 (Kalafina) Seventh Heaven

https://necomimi.files.wordpress.com/2012/09/secl-763.jpg

今年の1位は、KalafinaのSeventh Heaven。

梶浦由記さんの曲は昔から好きだけど、ボーカルとしてこうまとまったものは少なくてやっぱりはまった。

シンフォニックな曲が多いけど、意外にアップテンポなリズム曲もあったりするところが面白い。

梶浦由記さんは結構そういう曲も書きますが。

バラエティ的にも楽しめて、本当に満足な作品でした。

ゲームサントラが1つしかないのがちょっと残念。

聴いていないというより、全体的に数が減っている気がする。

サントラ化されない作品も結構多いし。

割合的には例年と変わらないぐらい聴いているはずだけど、なぜか印象に残る作品が少なかった。

来年は、もう少しゲーム系もがんばってほしい。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2009/12/31 投稿先 Uncategorized

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。