RSS

AppleTVを導入した

24 12月

今さらですがAppleTVを導入しました。

なぜかというと、今までTVに繋いでFrontRowで音楽聴いたりムービ見たりするのに使っていたMacをLionに上げたので。

LionではFrontRowがなくなってしまったから困ってしまった。

Plexを使ったりもしていたのですが、あれいろいろ問題があって直し方分かってるんだけど、パッチ作ろうにもコード非公開なのでどうしようもなく。

ということで素直にAppleTVを導入しました。

現物を見たことなかったのですが、これは想像以上にちっちゃい。

セットアップもHDMIでアンプに接続して電源入れるだけ。

まあ、Wifiのアクセス制御してるので多少設定はしましたが。

にしても簡単。

唯一のネックがメディアサーバ側でiTunesを立ち上げていないとライブラリにアクセスできないこと。

メディアサーバと普段使いのMacでiTunesライブラリ丸ごと共有しているので、同時立ち上げ回避のためずっと立ち上げておくこともできず。

かと言ってメディアサーバ操作するの面倒なので、AppleRemoteでiTunesの起動とか停止をできるようにしました。

AppleRemoteをFrontRow以外で使うためのアプリはいろいろありますが、今回はiRed liteというのを使いました。

若干設定が分かりづらいのですが、AppleRemoteのボタンにあらゆるコマンドを割りあてられます。

あらゆるコマンドといってるのは、ボタンを押すと任意のAppleScriptを実行できるように設定できるので、実質的にほとんどのことができます。

当然アプリの起動や停止なんて簡単。

例えばiTunes起動ならこんな感じ。

tell application "iTunes"
run
end tell

これでどこのMacでもiTunesが起動していない場合、AppleRemoteの操作で起動かけることができます。

AirPlayはなかなか快適ですね。

作業時には作業用のMacでiTunes使ってAppleTVに音も映像も飛ばせる。

昔、AirMacExpressに付いていたリモートスピーカも重宝してましたが、欲しいと思っていた映像の転送もできるようになってさすがAppleと言わざるを得ない。

お値段も1万以下だしもっと早く買って環境作っていたらよかった。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2011/12/24 投稿先 apple

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。