RSS

カテゴリー別アーカイブ: movie

映画 けいおん! を観てきた

社会現象!社会現象!ということで観てきました。

さすがに結構な人。

本当に社会現象だなあ。

できるだけネタバレなしな感想。

劇場版のメインの舞台はロンドンです。

といっても、さほどロンドンらしい話ではなく、TVでも表現されたあずにゃんにプレゼントする曲『天使にふれたよ』を作る過程が描かれます。

もう少しそれにフォーカスした作りにした方がよかったんじゃないかなと感じましたが、いつものドタバタな様子を出したかったんだろうなあ。

エンディングに向かっては大体テレビと同じ、卒業式からあずにゃんに歌う『天使にふれたよ』の流れ。

テレビや原作では、あずにゃんが「卒業しないでよ…」とぐずるシーンが泣きシーンだったのですが、そこ削ったのはなんなんだろう。

できるだけ泣きシーンは抜こうという意図が感じられました。

それでもやっぱり『天使にふれたよ』はジーンときますな。

あずにゃんへの演奏シーン前、屋上で4人が走り出すシーンと、演奏後、唯たち4人が「よろこんでくれたかな」と話をしながら歩くシーンはなかなかいい雰囲気が出ていました。

どちらも長尺シーンなんですが見せ方がすごくうまい。

基本的にアニメや原作を見た人向けだと思いますが、アニメの延長としては楽しめると思います。

自分は、きらら読んでたので連載開始から読んでましたが、まさかここまで社会現象になるとは思わなかった。

らき☆すたと同様、映像化されて化けた典型例になりました。

原作をうまくアレンジできているのも成功要因ですね。

 
コメントする

投稿者: : 2011/12/04 投稿先 movie

 

Alice in Wonderland

f:id:clover-leaf:20100506142944p:image

監督: ティム・バートン

2010年 アメリカ

AVATORに続いてIMAX 3Dの美しい3D映像で楽しみました。

ティムバートンによる、ちょっとおかしな不思議の国のアリス

ティムバートンということで、アリスらしさが消えてしまうのではないかと思っていましたが、これがなかなかよくできています。

キャラクタなんかは、かなりデフォルメされてやりすぎ感はありますが、全体的な空気はちゃんとアリスしてます。

むしろ絵的に退屈しないので、お子様にもとっても楽しい作品。

期待してましたが、期待どおりの楽しい作品でした。

3Dについては、慣れてしまったのかあまり効果的な演出として感じなかった。

普通に2D版でも十分楽しめると思います。

最後のジャバウォックとの戦いも迫力あってよかった。

デザインもオリジナルのテニアンのものに近くてカッコよかったし。

チェシャネコもかわいいし、動物系のキャラデザは全体的によかったです。

こういう長く親しまれる作品は、時代にアレンジがされて何度もリメイクされて見比べるのも楽しいです。

大人からお子様まで楽しめる作品でした。

 
コメントする

投稿者: : 2010/05/06 投稿先 movie

 

THE HURT LOCKER

f:id:clover-leaf:20100507000811p:image

監督: キャスリン・ビグロー

2008年 アメリカ

アカデミー賞監督賞ということで観にいきました。

正直、そんなに面白いとは感じなかった。

これってプロパガンダ?

ストーリーにオチがないというか、そして今日もアメリカズアーミーは命をかけている、的なオチ。

今や、メディアが多様化して情報がたくさん入ってくるので、あの戦場が酷いことは分かる。

もちろん表面的にだけど。

その辺の深いところを表現するのかと思ったらそうでもなく、なんかクレイジーな兵隊が爆弾処理してるだけ。

アメリカ人は当事者として感じるものがあるのかわからないけど、ちょっと表現がプアだった。

唯一、音関係はよかった。

特にエンディングテーマは。

まあ、作品的には劇場で観ることもないかな。

音がいい感じなので、それなりの音響持ってる人ならDVDとかでいいと思う。

 
コメントする

投稿者: : 2010/05/06 投稿先 movie